押入れのジメジメ湿気の原因は?対策はある?予防方法は?

074049

楽しいゴールデンウイークを過ぎた後は

一年で一番過ごしにくい 梅雨の季節がやってきますね。

6月から7月下旬までは 全国的に雨降りの多い時期です。

お部屋の中の湿度が高くなり カビも発生しやすくなります。

中でも押入れは 湿気を取り込みやすく

家の中では 閉じられている時間が最も長い場所。

気づいた時には 「カビがっ!」 とショックを受けることに・・・

手遅れになる前に 早めに湿気対策を始めましょう。

押入れのジメジメ湿気 原因は何?

 そもそも押入れの湿気は どこからやってくるのでしょうか? 

★ 最近の住宅は 機密性や断熱性がとても優れています。

  それはとても嬉しい事ですが  その反面

  湿度が高くなるこの時期 湿気が屋外に逃げにくくなっています。

★ 押入れに入っている物といえば

  布団 洋服 アルバム バックなど たくさんの物が詰め込まれていると思いますが

  布や革 アルバムなどの紙は 特に湿気を含みやすいものになります

★ 押入れの近くに キッチンや浴室がある場合は

  炊飯器や浴室から出る水蒸気が 押入れの中に入り込むことで

  湿気の原因になります。

押入れの湿気対策は?

 押入れの湿気対策に有効な物は何でしょうか? 

今は家電の種類も豊富になり 性能のいい物も沢山ありますが

すべての除湿を家電でまかなおうとすれば

出費や毎月の光熱費も心配になりますよね。

そこで あまりお金をかけずに 押入れの湿気を上手に除湿する方法を

いくつかご紹介します。

★ 布団をしっかり乾燥させる

  人は寝ている間にもコップ一杯分の汗をかいています。

  梅雨の蒸し暑い時期はなおさらですね。

  汗を含んだ布団を乾燥させずに しまってしまうと

  布団から出た湿気が 洋服やバックなど まわりの物に移り

  押入れ全体に湿気が広がってしまうので

  しばらく椅子に広げてからたたむなど 布団をしっかり乾燥させましょう。

★ すのこを敷く

  押入れを乾燥させるためには 通気を良くする事が大切です。

  押入れに直に布団や物を置かず すのこの上に置くようにしましょう。

  左右の壁にもすのこを立て掛け 壁と物の間に空気層を作ることで

  より効果は高くなります。

★ 新聞紙を丸める

  新聞紙には湿気を吸いやすいという特徴があるため

  高い除湿効果が期待できます。

  ポイントはクシャクシャと丸める事。

  ただ重ねて置いておくよりも 多くの湿気を吸ってくれます。

  すのこの下や 隙間などに丸めた新聞紙を置いたり

  バックの中や 靴の中にも入れておくと

  かなりの湿気を吸い取ってくれます。

  梅雨の時期は こまめに新聞紙をさわって

  「湿ってるな」と思ったら 新しいものと交換して下さい。

★ 乾燥シートや除湿剤を置く

  梅雨は湿気が最も多い時期なので

  乾燥シートや除湿剤を多めに置く事がポイントです。

スポンサードリンク

  使用期間前でもチェックをして 取り替えるようにしましょう。

  ちなみに 乾燥剤と除湿剤の違いは

  乾燥剤

  空気中の湿気を乾燥剤の中に閉じ込めるタイプの物です。

  乾燥させればまた 再利用することができます。

  除湿剤

  空気中の湿気を水に変えて タンクや袋に溜めるタイプの物です。

  溜まった水を捨ててから タンクや袋を捨てます。

  目に見えて取り換え時期がわかります。

  一回使い切りです。

★ 重層を置く

  重層も湿気やにおいを吸い取ってくれるので

  乾燥剤や除湿剤と同じ効果を得られます。

  空き瓶などの入れ物に 重層を2分の1くらい入れて押入れに入れておきます。

  湿気を吸った重層はそのまま捨てる事ができるので 後始末も簡単ですが

  こぼさないように 注意が必要です。

★ 備長炭や炭を置く

  備長炭や炭も除湿や消臭に効果的です。

  紙にくるんで 押入れの隙間に置いたり

  100円均一に売っているような 蓋付きのカゴに入れれば

  洋服も汚すことなく 除湿ができます。

  最初は よく水洗いをして天日干しをしてから使用します。

  その後も 定期的に天日干しをする事で効果も高まります。

押入れの湿気予防はこれ!

押入れの中は 湿気を吸収しやすい物が多い上

家の中でも特に 換気がされにくい場所です。

湿気で大変な事になる前に 早いうちから湿気予防をして行きましょう。

★ 整理整頓を心掛ける

  押入れに物を詰め込み過ぎると

  通気が悪くなり   湿気がこもりやすくなります。

  でも物を減らす事はなかなか難しいですよね。

  物の多い押入れでも キチンと整理整頓する事で

  隙間をあけることはできるようになります。

  100円均一のカゴや仕切りなどを使って上手に整理整頓をしましょう。

★ 扇風機で空気を循環させる

  湿気予防にはとにかく空気を循環させて 湿気を溜めこまない事が大切です。

  空気を循環させるポイントは 空気の入り口と出口を作ること。

  ただ押入れを開けて扇風機をかけても 空気を循環させることはできません。

  ふすまを中央に寄せて 片側から扇風機で空気を送り込みましょう。

  そうする事で もう片側から湿った空気が追い出されて

  押入れの中を乾燥させることができます。

  ひどい湿気でなければ10分から20分程度で乾燥させることができます。

★ 押入れのふすまを外す

  押入れのふすまを外してしまい

  ふすまの代わりに 突っ張り棒などで のれんやカーテンをつけます。

  閉め切っていた空間を解放できると共に

  仕切りのない大容量の収納として使えるので 整理整頓もしやすく

  隙間も作りやすくなります。

参考になりましたでしょうか?

ジメジメと湿気の多いこの時期

憂鬱になることも多々あるかもしれませんが

予防と工夫をして 少しでも快適に過ごしたいものですね。

ちなみに

押入れがカビ臭くなってしまったら

布団や座布団は乾燥させて

消毒用のアルコールで除菌 そのあと

扇風機でよく乾燥させると においは取れますよ。

ぜひ 試してみて下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です