指先が壊死または触れるだけで激痛状態でお困りの方へ指カバー紹介!

こんにちは このサイトの企画運営をしております らんらんです。

今回は 今までの記事作成とは違い 私自身の身に起きた出来事から

私以外にも困っている方がいらっしゃるかもしれない と思ったので

情報のシェアも含めて記事にしてみました。

かなり長くなってしまうので 興味のある方は お時間のある時にでも

お読み頂けましたらです。

スポンサードリンク

指先壊死の最初の最初

事の始まりは 2017年8月の終わり頃

左手中指の先端に 深爪をした時のような痛みが出ました。

深爪をした時って 爪にお肉が食い込んで激痛ではないけれど 

何だかずっと痛いじゃないですか? あんな感じです。

本当に爪を切ったばかりだったので 最初は深爪のせいだと思っていました。

ですが それから何日か経つと 指先の腹 爪に近い先端部分が ピリピリとした痛みと共に

うすーく茶色がかってきて 皮膚がすこーし硬くなってきました。

見た目的には 中指の先端がぱっと見 わからない程のうすーい茶色で 

硬さはわかりません。

ですが このピリピリとした痛みはやっかいで 

激痛ではないものの24時間ずっと痛いので これはマズイと思い 

近所の皮膚科へ行きました。 2017年9月の始め頃です。

先生の診断では 「指先がちょっと荒れてるねぇ」 というものでした。

炎症や湿疹 かぶれを抑える という薬をもらって塗ってみましたが 

痛みは引くどころか 日に日にひどくなって 激痛に変わっていきました。

そして激痛に変わって行くと共に 中指1本だけの体温が低くなっていきました。

自分で触ってみても 左手中指の1本だけが ひんやりしているんです。

耐えられなくなった私は もう一度同じ皮膚科へ行って 薬の効果がない事と

激痛に変わった事 中指の体温の低下

何かのアレルギーの可能性の有無などを相談しました。

そこで アレルギー等に関して とても詳しく検査してくれる皮膚科があるという事で

紹介してもらい 受診する事になりました。

指先壊死 激痛の始まり

紹介して頂いた皮膚科を受診したのは 一番最初に近所の皮膚科を受診した 

わずか7日後です。

この一週間で 指先の見た目はさほど変わらないのに 痛みは激痛になり 

指は冷たくなり 夜も眠れないほどでした。

紹介して頂いた皮膚科は 私は初めて受診したんですが

ラッキーな事に そこの院長が皮膚科の名医として 

テレビ出演や雑誌に掲載されるほどの方で 地元では有名な所でした。

その院長の診断では 「膠原病の初期症状ではないか」というものでした。

実は私には 5~6年前から 「レイノー症状」が出ていたんですね。

「レイノー症状」とは 冬の寒い時や 冷たいものを触った時などに

指の第一関節より先に血液が行かず 

真っ白になって痛いほど冷たくなってしまう状態の事です。

「レイノー症状」が起こる要因は色々ありますが 膠原病もその一因です。

そしてまたラッキーな事に その皮膚科には 

元大学病院の内科教授という先生が 月に2回だけ来ていて 

皮膚科初日にその先生が来ている日に当たり 診て頂ける事になりました。

元大学病院の内科教授という先生は おじいちゃん先生なんですが 

とても大らかな方で 私の話しをよーく聞いてくれる そして冗談も通じる(笑

とってもいい先生でした。

「レイノー症状」があるとはいえ 

指1本だけに こんなに症状が出る事は かなり珍しい事らしく

院長とおじいちゃん先生 もう一人の皮膚科の先生 3人で私を囲み 

話し合いをするように診て下さいました。

その日は 「レイノー症状」が出ている事と 

自分では気づかなかったんですが 両腕とも体温が低いらしく

何らかの原因で血行不良が起きているという事  膠原病の可能性があるという事で 

血液検査をしてもらい 血流を良くする薬と痛み止めを頂いて帰りました。

で す が

一安心したのも束の間

痛み止めが効かないんです。(T_T)

一回の痛み止めの効果は 3〜4時間。 

でも 飲んで一瞬で効くわけじゃないですよね。(T_T)

飲んでから 30分〜1時間して 何となく効いてきたかなぁと思うのも束の間 

すぐに効果が切れてしまうんです。

でも鎮痛剤などの強い薬は 血流を妨げる働きをしてしまうらしく 

今の私の状態には良くないという事で

どうしても耐えられない ギリギリの時だけ飲むという形を取っていたんですが

24時間毎日 ギリギリの痛みで 夜も眠れず おかしくなってしまいそうでした。

待ちに待った2回目の受診日。 この日は血液検査の結果が出て 

私の病名がわかり 治療方針が固まり 痛みから解放される!

そう思って 期待感満載で病院に行きました。  

血液検査の結果は すべて陰性 (T_T)

中指の体温の低下 激痛 指先の変色 こんなに症状が出ているにもかかわらず

検査の結果上は どこにも異常はないと出てしまったんです。

こんな患者は見た事がないという事で 

またまた先生方3人で話合ってくれましたが

検査結果が陰性な為 病気の辺りを付ける事ができず 

とにかく血行を良くして症状を改善に持っていくしかない

という事になり 新たな血行を良くする薬の追加と

「とにかく痛み止めを大量に下さい(T_T) 

もう平常心ではいられないんです!(T_T)」という

私の懇願を聞き入れて下さって 

鎮痛剤の中でも なるべく血行不良にならない薬というのを処方してもらいました。

私の中では 

大学病院のような 大きな病院へ行った方がいいのかな? という思いもあり

相談してみたりしたんですが おじいちゃん先生曰く 

血液結果で何らかの異常があれば 紹介状を書く事もできるけれど 

結果が全て陰性となると 紹介状の書きようが無いという事で(>_<)

紹介状が無くても 別の病院で診てもらおうか と悩んだりしたんですが

3人の先生方が 本当に熱心に診察してくれていて 

とにかく私の痛みを取る為にはどうしたらいいかと 話し合いを重ねてくれて 

私もPCで仕事をしていますので 自分で出来る限りの検索をして

「こういう治療法を見つけたんだけど 私に当てはまるかどうか」など

素人知識にもかかわらず先生方にぶつけてみたりして・・・

でも そんな素人知識の私の意見も 無下にする事もなく 

なぜ当てはまらないのか という事を 私にもわかる言葉で説明して下さっていたので 

こんなに親身になってくれる先生は他にいないかも と思い

先生方を信頼して 他の病院には行きませんでした。

その後も通院し続け おじいちゃん先生も手を尽くしてくれましたが

痛み止めは 完全に効く事はなく なんとなーく痛みが和らいだかなぁくらいで。

そうこうしている内に 10月に入った位でしょうか?

茶色く変色していた指先が 黒くなっていってしまいました。

そう 壊死状態です。

こんな感じ ↓ ↓ ↓

最初は こげ茶色の 針の先程くらいの小さな点が出来て 

「何かな?」と思っていたのですが

激痛と共に みるみる内に黒くなって広がっていきました。

こうなると もう触っただけで さらなる激痛が!

指で触るのはもちろん ティッシュが軽く触れるだけでも 

だーーーーーっ!!!!」と

うずくまってしまうほどです。

これは困った! 怖くて何も触れない! 家事もできないし 仕事もできない!

もちろん中指には何も触れないように 細心の注意を払いますが 

24時間注意し続ける事は困難で

洋服を着替える時に 生地がスッと掠れては 激痛!

寝てる時に布団が掠れては 激痛!

ティッシュで鼻をかんでは 激痛!

お風呂で頭を洗っては 激痛!

痛いのは指先の1cmにも満たない 小さな壊死

そこさえカバーできればと 指のカバーになるような物を 探しまくりました。

それはそれは 何日もかけて キーワードも変えて 

医療品なども含めて 探しまくりましたが

ゴム製の指サックや 柔らかいシリコン製の指サック 

ギターを弾きすぎて痛くなった人の為の物 など

「これじゃなーい!」 というものばかり。

もっと 硬くて 指先全体をカバーしてくれる物 ポロっと取れたりしない物

指の先端を何にも触れる事無く 日常生活が送れるものが欲しい!

「どうしよう? どうしたもんか」と悩んでいた時に 娘に言われた一言。

「ママ? レジンで作っちゃえば?」

激痛の中の救世主!レジン製の指カバー

毎日の激痛の中で すっかり忘れていましたが 

私は趣味で レジンアクセサリーを作っていました。

私の使っているレジンとは UVレジンというもので 

「紫外線硬化樹脂」というものなんですが トロっとした透明の液体で 

UVライトに当てると硬化され プラスチックのように硬くなります。

色を付ける事もできて 私が使っている物は別ですが 100均に売っている物もあります。

ハンドメイドアクセサリーを作る方なら ご存知の方も多いと思います。

そうか! 欲しい物がないなら作ってしまえばいい! という事で

自分の指のサイズに合わせた物を アルミのワイヤーを使って 作ってみました。

これが 最初の作品です。指にはめるとこんな感じ↓ ↓ ↓

指の先端部分が固定できるように 指先にのみ 小さいスポンジを付けてみました。

こんな感じ ↓ ↓ ↓

色は黒に 赤のラメが入っているので 

お見せするのはちょっと恥ずかしかったんですが (^▽^;)

何色で作っても どうせ目立ってしまうなら 

地味な物よりもカッコイイ感じで作っちゃえ! という事で。(^▽^;)

(これがカッコイイかは わかりませんが・・・)

色はともかくとしまして(^▽^;)

この自分サイズで作った指カバー  これが物凄く優れものでした!

この指カバーは 指の爪よりも長く作ったので 全くものが当たらない!

硬い筒状なので 指を曲げる事はできませんが どこにぶつけても痛くない!

自分で作っといて なんなんですが 毎日ぶつける恐怖と戦っていた私にとっては

まさに救世主となりました。

このカバーをしていれば 安心して PCのキーボードが打て 洗濯も出来るようになり

上からゴム手袋をすれば 洗い物はもちろん ご飯作りも出来るようになりました。

もうこの指カバー無しではいられません。 裸で揚げ物をするくらいの恐怖です。

私は 常に指カバーをしているようになり 外出にも使っていたんですが

筒状だったため 先端を人に見られるのが恥ずかしくなってきました。

誰も見てないかもしれないんですが (^▽^;)

そこで ワイヤーを足して 先端を塞いでみました。

こんな感じ ↓ ↓ ↓

指にぴったりな上に 先端を塞いでしまったので 中が真空状態になり 

最初はあせりましたが 先端の方に 小さな空気穴をあける事で 解決しました。

四六時中 付けていたこの指カバーのおかげで 

ぶつける激痛からは 解放されたわけですが ただ1つ 困ったのがお風呂です。

先端にスポンジを付けた事で 水に濡らせなかったんですね。

そして先端を塞いだので 水に濡らした場合の衛生面も心配でした。

そこで お風呂用を作ろうと2個目に作ったのが こちらです。↓ ↓ ↓

白いワイヤーで 水色に銀のラメを入れてみました。(笑

幸い私の場合 水や洗剤に痛みを感じる事はなかったので これがまた大活躍で。(^_^)

長めの筒状なので 何かに当たる心配もなく 濡れても拭けばいいし 洗う事もできる♪

ただ1つの難点としては いくらサイズがぴったりでも シャンプーやボディソープで

どうしても滑りやすくなってしまうので 気を付けないと 

スルっと指から外れてしまいます。

それでも 今までビクビクしながら お風呂に入っていた事を思えば上出来でした。

スポンサードリンク

指先壊死の痛みを救う運命の忘年会!

こうして指カバーのおかげで 何とか家事や仕事はできるようになったものの

肝心の治療としては 相変わらず 痛み止めはうっすらとしか効かず

夜も熟睡はできない状態で 3ヶ月が経った2017年12月。

おじいちゃん先生からの朗報がありました!

大学病院の先生方との忘年会があったらしく そこに参加してきたんだと。

「僕はね らんらんさんの痛みを取ってあげたいと 

 ずっとらんらんさんの事を考えていたんだけどね

 そこに 大学病院の忘年会があって 当日欠席予定だった先生が 

 急遽出席できることになって・・・」

話しを聞いてみると 急遽出席できる事になった先生は 

大学病院で再生医療を専門に扱っている先生だそうです。

例えば 糖尿病などで 足が壊死してしまった患者さんに対して

何とか 切断せずに再生できる方法はないか 

という事を専門にしている循環器内科の先生だそうです。

その先生に 私の事を相談してくれたのでした。

今までの治療法や経過などを含めて まだ痛みが取れていない事など・・・

その先生の見解では 今までの治療法が間違っているわけではなく 

ほとんどの人は 私が飲んでいる 血流を良くする薬の服用で

回復していくそうです。

ただ中には わずかな人数ではあるけれど 

どうしても回復しない患者もいるんだそうです。

そして その先生とおじいちゃん先生で話し合った結果 

大学病院で循環器内科と膠原病リウマチ内科 

両方が連携しながら治療するのがベストだという 結論に至ったそうで 

おじいちゃん先生に紹介状を書いて頂いて 

2017年の年末に その大学病院に行く事になりました。

循環器内科と膠原病リウマチ内科 2人の先生に診てもらって 

さらに詳しい血液検査をして どこまで血液が正常に流れているのか 

という検査もしました。

私の場合 手のひらまでは 正常に血液がきているのに 

何故か 中指にのみ血液がいかない というものすごく珍しい症状だそうです。

今まで飲んでいた薬に さらに血流を良くする薬を追加して

指先に塗ると血流が良くなるという塗り薬 

それと とにかく痛みを抑えましょうという事で 

1日に4回飲める痛み止めを処方してくれました。

この大学病院でもらった薬で ようやく痛み止めが効くようになりました!

痛み止めの効果が切れれば 痛みがありますが 

切れる前に次の痛み止めを飲んだ結果 ずっと効果が続いて 痛くない! 

やっと熟睡が出来る! ありがとう先生! 3ヶ月長かった!

という事で かなり 長ーく 長ーくなりましたが

2018年1月現在 今の私はこんな感じの状態です。 

今後 詳しい血液検査の結果を診ながら 治療法を決めていくそうです。 

指先の痛みにお困りの方へ

やっと痛み止めが効く所まで こぎつけた私なんですが 

そこで ふと疑問に思ったんですよね。

私は自分で指カバーを作ったけれど 他の方はどうしているのかな? と。

そこで 大学病院の循環器内科の先生に聞いてみました。

私  「私の様な患者さんは 結構いるんでしょうか?」 

先生 「いえ。いません。 かなり少ないです。」

私  「その少ない患者さん達は 指カバーも無しに どうしていらっしゃるんですか?」

先生 「まず 処置はさせてもらえません。 薬を塗るにしても 

    他人に触られる事には 皆さん敏感で ご自分でそっと薬を塗り 

    そーっと包帯や テープを巻いて帰られますよ。

    かなり不自由な生活をされていると思います」 

という事でした。

私は今でも24時間 指カバーを付けていないと 裸に揚げ物状態です。

そこで考えてみました。 私でお役に立てる事はないかな? と。

そして

もし 私と同じような状態でお困りの方がいらっしゃるなら

指カバーを販売させて頂いたらどうかな? という結論に至りました。

レジン製指カバーの販売について

正直な所 指カバーを1本作るには 材料費と かなりの時間がかかってしまいます。

私は現在 このサイト以外にも サイトを運営しておりまして 

時間が有り余っているわけではないんですね。

なので ボランティアや慈善活動で というわけにはいかないんです(>_<)

そして私は プロではなく 素人です。

それでも 指カバーが欲しいと思って頂けた方のみに 

1本につき 送料込み 3000円で販売させて頂こうと思います。

販売は 

外出用に使っている 先端が塞がれたタイプと お風呂用に使っている筒状のタイプ

この2つのタイプから お選び下さい。

注意事項

先端が塞がれたタイプは スポンジ付きではありません。

人によってスポンジの当たる場所が違うと思いますので 必要な方は納品後

両面テープなどでご自身で付けてみて下さい。

販売条件
★ 私と同じように 痛みの場所が 指の先端である事      

  どちらも筒状なので 指の側面では対応が難しいです。

★ アルミ製のワイヤーを使用します。 アレルギーなどがある方はご注意下さい。

★ 趣味としてレジンアクセサリーの販売もしてはいますが        

  あくまで私が プロではなく 素人だと了承して頂けている事

★ お色に関しては レジン液自体は透明で そこに着色していく事になりますが

  メールのやり取りのみで お色を決めますので 多少の誤差はご容赦下さい。

★ お互いに気持ちのいい メールのやり取りができる方      

  サイズや色の相談などで 何回か     

  人によっては何度もメールのやり取りがあるかと思います。         

  私は仕事柄 問い合わせなども含めて     

  色々な方との ネット上のやりとりがあるんですが      

  たまーにびっくりするくらい 横柄な態度の方がいたり     

  最初から上から目線のような方が いたりするんですよね (^▽^;)      

  今回は 本当に困っている方がいらっしゃれば 少しでも     

  という気持ちからの出発でもありますので      

  お互いに気持ち良く やり取りができればと思っております。      

  あまりにも態度のひどい方は 

  販売をお断りする事もありますので ご了承ください。

★ 完全な受注制作になりますので 打つ合わせ後のキャンセルは

  固くお断りさせて頂きます。

  要望・質問等は 打ち合わせの際に 遠慮なくおっしゃって下さい。

★ メルカリを利用できる方         

  販売は フリーマーケットアプリ メルカリを利用しようと思っております。      

  登録は無料で 誰でも簡単に登録できるアプリです。

以上が販売条件となります。

上記をご了承頂けた方 それでも欲しいと思って頂けた方は 

指カバー お問い合わせフォーム ←まで

ご連絡をお願い致します。  折り返しご連絡させていただきます。

注意事項

● お問い合わせを頂いてから 48時間以内に必ず返信をさせて頂きます。

  もし 48時間が経過しても返信がない場合 メールの不達が予想されますので

  お手数ですが 別のメールアドレスで再度 

  指カバー お問い合わせフォーム ← までご連絡下さい。

  YahooメールやOutlookメールなどは 不達になる事も多いようですので 

  ご注意下さい。

● 指カバーには 

  指の根元部分のサイズ 指先端部分のサイズ 長さの希望サイズが必要になります。

  根元部分と 先端部分のサイズに関しましては 

  紙を指に巻いて輪を作り その直径を教えて頂ければと思います。 

  そのサイズを元に作らせて頂きます。

今考えている 販売までの流れとしましては

販売までの流れ
1 販売条件・注意事項を確認して頂く。

2 指カバーのタイプを決めて頂く。    

  先端が塞がれているタイプか 筒状のタイプか。

3 欲しい指カバーのサイズを測って頂く

4 1〜3をご確認の上 

  指カバー お問い合わせフォーム ←から   ご連絡を頂く

5 私からの返信   

  指カバーを使えるかどうかの 症状の確認とお色の相談とサイズ確認  

 (納期は打ち合わせ後 ご相談させて頂きます。)

6 制作が出来次第 仕上がりのご連絡 

7 仕上がりのご連絡の際に メルカリへのURLをお送りしますので   

   クリックして頂いて  メルカリ内でご購入。

こんな感じで考えております。

私のような痛みでお悩みの方が いない事がベストですが 

もし 同じ様な痛みで 日常生活でお困りの方がいらっしゃいましたら

辛さがわかる分 誠心誠意 気持ちを込めて 作らせて頂きたいと思いますので

ご連絡を頂ければと 思います。

私も 先生方に治療方針を考えて頂きながら 何とか乗り切って行きたいと思います。(^▽^;)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加