端午の節句の祝い方?誰が贈るもの?お返しは何がいい?

129489

5月5日は子供の日。 そしてこの日は端午の節句でもあります。

お子さんの初節句を迎えられたお父さん お母さん

おめでとうございます。

これからのお子さんの成長が楽しみですね。

そもそも端午の節句とは どういう意味かご存知ですか?

初節句は お子さんが生まれて最初に迎える節句の事で

女の子は3月3日 桃の節句

男の子は5月5日 端午の節句 として子供の日に行います。

端午の節句は お子さんを災いや病気などから守ってくれますようにと願いながら

男の子の誕生をお祝いする日です。

なぜ5月5日なのか というと

「端午」の「端」ははじまりを意味し 端午とは もともとは月の初めの午の日のことでした。

ですが 午(ご)と五(ご)の音が同じである事

数字を重ねることで祓いの効果が強くなる という考えによって

5月5日が端午の節句として定着していったと云われています。

初節句とは本来 お子さんが誕生して最初の5月5日に行いますが

お子さんが生後1か月〜3か月ぐらいの場合は 翌年に初節句をお祝いされる方が多いです。

お子さんとお母さんの体調なども考えて お祝いしましょう。

スポンサードリンク

端午の節句ってどう祝えばいいの?

初めての端午の節句を祝う時

本来は 五月人形(内飾り)を飾り 鯉のぼり(外飾り)を立てて

当日か前日の夜に お父さん お母さんの両親や 親戚 知人を招いて

縁起物のごちそうでおもてなしをします。

ですが 現在では ご家庭の状況に合わせて お祝いの方法も変化してきています。

両家のご両親が遠方の場合などは お父さんとお母さんでお祝いをされたり

親戚 知人まではひろげず 両家のご両親のみ招待する場合もあります。

また 自宅でのおもてなしではなく

外食先の個室などを貸し切って みなさんでお祝いするという事もあります。

いずれにしても 両家でよく話し合い

みなさんに気持ちよくお祝いして頂けるようにする事が大切です。

端午の節句は誰が贈るもの?

端午の節句をお祝いする飾りには

五月人形(内飾り) 鎧や兜 武者人形 武者人形に鎧兜を着せた鎧着人形

鯉のぼり(外飾り) などがあります。

これらのものは 誰が贈ってくれるものなのでしょう?

昔からの風習では 一般的にお母さんの実家から贈られると云われています。

スポンサードリンク

地域によっては 桃の節句の雛人形は お母さんの実家から贈られ

端午の節句の 五月人形 鯉のぼりは お父さんの実家から贈られるという 場合もあるようです。

現在では両家共に お祝いをしたいと言って頂ける場合も多く

厳格な決まりも特にはありません。

昔からの風習は大切な事ですが 後々のトラブルを避けるためにも 柔軟に考え

両家とよく相談し 確認しあう事が大切です。

五月人形や鯉のぼりには 様々な種類と大きさがありますので

スペースや収納場所などを考えて 慎重に選びましょう。

端午の節句 お祝い返しはどうすればいい?

お祝いを頂いた方へのお返しについてですが

端午の節句をお祝いする席を設け

当日出席頂いた方には そこでのおもてなしがお返しとなるため 特に必要はありませんが

両家のご両親には 当日撮った写真をフォトフレームに入れ 後日送って差し上げると

大変喜ばれるのではないかと思います。

当日に出席頂けなかった方や 特に席を設けなかった場合

昔からの習慣としては

お礼状と共に お赤飯 や 柏餅 ちまき 鯛の形をした砂糖菓子などを贈っていました。

現在では 洋菓子の専門店で販売している端午の節句お返し用のギフトや

お子さんの名前を入れたカステラなどの和菓子が多くなってきています。

お返しの金額 相場としては だいたい 頂いたお祝いの3分の1から半額程度です。

お返しする時は 「内祝い」としてお子さんの名前でします。

その時 お礼状と初節句当日に撮った写真を添えて早めに贈るのがマナーになります。

5月5日から1週間以内 遅くても5月の中旬までには お祝いを頂いた方へ届くようにしましょう。

お礼状は キチンとした手紙でなくてもメッセージカードなどでかまいません。

内容としては

・ご挨拶 「暖かくなってきましたが いかがお過ごしでしょうか?」 など

・お祝いのお礼 「この度はお祝いを頂き誠にありがとうございました」 など

・お子さんの近況 「最近では○○が出来るようになりました」 など

・内祝いを受け取って下さいという事

「心ばかりではございますが お礼の品を・・・」 など

・最後のご挨拶 「くれぐれもお体を大事に・・・・」 など

これらの事が書かれているといいと思います。

参考になりましたでしょうか?

お父さん お母さん そしてお子さんにとって初めて迎える端午の節句

戸惑うこともあるかと思いますが

お子さんのすこやかな成長を願う大切な日です。

ご両親とよく話し合い

楽しい1日になる事を願っております。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です