電力会社申し込みの流れは?契約の注意点!料金滞納したら?

スポンサードリンク

契約の流れ4

2016年4月から始まる 電力自由化。

電力自由化がいまいちよくわからない

プラン選びの基準がわからないという方は こちらをどうぞ↓↓↓

電力自由化とは?自分に合ったプランの選び方は?必ず安くなる?

自分の生活スタイルに合ったプラン選びは 

「焦らず じっくり」できましたでしょうか?

プランが決定したら いよいよ契約ですね。

なので 今回は

電力会社申し込みの流れや 

契約をする時に必ずチェックしてほしい注意点などを

ご紹介していきます。

スポンサードリンク

電力会社申し込みの流れは?

ステップ1

まずは申し込みですよね (^_^)

電力会社の申し込み方法は 

インターネットがあるか無いかで 変わってきます。

インターネットがある場合

自分で選んだ電力会社のホームページから プランを決定します。

同じホームページ内の申し込み欄から 必要事項を記入します。

電話で申し込む場合

電力会社に問い合わせをして プランに申し込みたい事を伝えます。

その後 申し込み用紙が郵送されてきますので

必要事項を記入して 返送すればOKです。

どちらで申し込む場合も 

お名前 住所 電話番号

お客様番号 地点番号が必要になります。

お客様番号 地点番号は料金票に書かれているんですが

pic_peper_toden

クリックすると拡大します。↑↑↑

地点番号については 2015年までの料金票には 掲載されていません。

2016年1月請求分からの掲載になりますので ご注意下さい。

料金票を捨ててしまったり 手元に無い場合は

現在契約している電力会社に問い合わせをすると 教えてもらえます。

なぜ お客様番号地点番号が必要か というと

この2点を新しい電力会社に伝えることで 

現在契約している電力会社のキャンセルなど 必用な手続きを 

新しい電力会社がやってくれるのです。

なので 私たちは 新しい電力会社とだけ 手続きをすればいい

という事になります。

ステップ2

申し込みをすれば すぐに乗り換えが成立するわけではありません。

電気メーターの交換が必要になります。

従来の電気メーターを スマートメーターに交換するのですが

今までと何が違うのかというと

従来の電気メーターは 毎月 検針員の方がチェックしていましたが

スマートメーターは 電力データを自動送信でき 遠隔操作が可能になります。

交換は無料で 新しい電力会社が工事をしてくれます。

工事の日程をお知らせする通知が事前に届きますので

それでOKであれば 在宅の必要もありません。

もうすでに 新しいメーター交換に関する詐欺被害が出ていますので

くれぐれもご注意下さい!

費用はかかりません。  無料です!

工事が終了すると 電力供給開始! となります。

契約の注意点!

新しい電力会社と契約をする時に 必ず確認して欲しい注意点があります。

契約事項をすべて読むというのは とても大変なのですが

電力会社によって 契約事項が違うため 何かトラブルが起こった時も

自己責任となってしまうので 契約書には目を通しておきましょう。

中でも 注意して欲しい所は3つ。

★ 契約期間と違約金   

  電力会社によって 契約期間の縛りがある所 ない所様々です。   

  違約金の金額も違ってきますので   

  自分が契約したい電力会社がどうなのか 確認をして下さい。

★ 単価見直しのスパンが1カ月単位   

  小さい電力会社の場合 こんな事が書かれているかもしれません。   

  自由化によって 金額設定も各社違ってきますので   

  何かトラブルがある度に    

  単価の見直しとして金額が変わってしまったら大変ですよね (^▽^;)

★ トラブルがあった場合は別途金額調整します   

  例えば 新規参入してきた電力会社が   

  顧客を順調に集められたとしても その分の電力を集められなかった場合   

  基本的には      

  今までと同じ 大手の電力会社の送電線を使って 私たちの家に電気が届くため

  契約している電力会社にトラブルがあったとしても 

  私たちにとっては 電気量も金額も変わらずに供給してくれるという   

  システムがちゃんとあります。   

  ですが  トラブルが続けば その電力会社は値上げをせざるを得ません。   

  「トラブルがあった場合は別途金額調整します」 なんて書いてある場合   

  急に 電気料金が高くてびっくり! という可能性があるのです。 

契約後に 「こんなの聞いてない!」 とならないように

契約書はキチンと 確認しておきましょう。

料金滞納したらどうなる?

「うっかり電気料金を払い忘れてしまった!」

少なからず みなさん経験があるかもしれませんね (^▽^;)

電気料金を滞納してしまった場合

今までは3カ月くらい 待ってもらう事ができていました。

これからはどうなるのか というと

これも契約によって変わってくるんですが

スマートメーターに交換する事によって 遠隔操作が可能になります。

なので契約している電力会社が 

「一度でも料金を滞納した場合は 電気の供給をストップして下さい。」

と 送電会社に依頼すれば 

ボタンひとつで 電気はストップしてしまうのです。

さすがに たった一度で という可能性は低いですし

供給を止める前には 事前に通知もくるかと思いますが

今までよりは シビアになる と思っておいた方がいいですね。

参考になりましたでしょうか?

契約をする前に キチンと契約書を確認することは

とても重要です。

心配な事や 疑問がある時は 契約前に問い合わせをして

確認しておきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です