お尻や太ももの汗を何とかしたい!改善法と対処法を紹介します!

takann

お尻や太ももに大量の汗をかいてしまう。

場所が場所だけに 人には相談しづらいですよね。

でも大丈夫。あなただけではないですよ。

自転車に乗っているだけでお尻の汗ジミが気になる

クーラーが効いているのに 座っているだけで大量の汗をかいてしまう

ズボンが濡れたり 椅子に汗だまりができて 立ち上がる時に周りの目がすごく気になる。

自分でコントロールできないだけに 辛いですよね。

意外と多い お尻や太ももの汗問題。

暖かくなってきたこれからの季節

臆することなく外出するために お尻・太ももの汗対処法を紹介します。

スポンサードリンク

お尻や太ももの汗は多汗症?

異常に汗をかいて悩んでしまう。

こういった状態をいわゆる多汗症といいますが

汗っかきと多汗症の違いをご存知でしょうか?

汗をかくという事は 人が体温調整をする上でとても大切な事です。

人は誰でも汗をかきますよね。

では汗っかきと多汗症の違いがどこにあるのかというと

・汗っかき  暑さを感じたり スポーツなど体を動かした後や

       刺激の強い物を食べた時など

       体温調節をするために汗をかく。

・多汗症   特にこれといった原因がみあたらない時にも 汗をかく

       体温調節を必要としない時でも汗をかく。

という事があります。

まずは自分がどういう状態なのかという事を知っておきましょう。

1つ心配なことは

多汗の裏には大きな病気が隠れている可能性がある事です。

汗をかくこと以外に

意味のないイラつき 動悸 急激な体重の減少 下痢 汗からアンモニア臭がする

といった症状がある時は

肝硬変や腎不全 甲状腺機能亢進症やバセドー病 などの疑いがあるため

早めに受診して下さいね。

お尻や太ももの汗を改善したい

多汗になってしまう大きな原因の一つに

汗腺が衰えてしまっている という事があります。

私たちの体には通常200~500万個の汗腺があると言われていますが

運動不足やクーラーなどの冷房設備の充実などにより

昔に比べ 汗をかく機会が減ってきてしまってるんです。

そのため 全身にある汗腺が上手く機能せず

一部分から大量の汗が吹き出してしまうんですね。

例えば 暑い所から冷房の効いた室内に入ると

体は冷たさを感じて毛穴を閉じます。

でも体内には熱がこもったままなので 脳が汗を出しなさいと命令をする。

全身の汗腺が通常に機能していれば 少し汗ばむ程度ですぐに汗は引きますが

汗腺が衰えている状態でこれを繰り返すと

機能している一部分の汗腺からのみ発汗することになるので

べたつきのある(濃度の高い)汗が大量に出てしまうのです。

その結果 発汗機能がどんどん乱れて悪循環になってしまいます。

多汗を改善するためには 汗腺トレーニングが効果的です。

衰えてしまった汗腺は トレーニングをする事で復活する事ができます。

それには全身から汗をかく練習をすること。

閉じてしまった汗腺を再び開いてあげるのです。

やり方は

★ お風呂でトレーニング

  バスタブに43〜44度位の熱いお湯を張り

  両手のひじから下 両足のひざから下を15分程度温めます。

  この時 お風呂用のイスをバスタブに入れて

  前かがみになるとやりやすいです。

  その後お水を足して 36〜38度位に温度を下げ

  15分程度 全身浴をします。

  お風呂から上がったあとはタオルで十分に体を拭いた後

  そのまま汗を乾燥させます。

  この時すぐに服を着ないことがポイントです。

  お風呂上りは 目に見えない汗が 汗腺から出やすくなっていて

  拭きとらず乾燥させる事で 汗腺の機能を高めることができます。

★ 岩盤浴やサウナに行く

  全身からいい汗をかいて 汗腺を鍛えることが大切。

  最初のうちはべたつきのある汗をかいたり  一部分からしか汗が出ないこともありますが

  汗腺が開いてくると 全身からサラサラとしたいい汗が出てくるようになります。

  岩盤浴やサウナで ゆっくりじっくり汗をかくことも

  効果的です。

★ 有酸素運動をする

  普段の生活の中で体を動かし 適度に汗をかくというのも

  大切なトレーニングの一つです。

  代謝を上げて血行をよくすれば 多汗の改善に役立ちます。

お尻や太ももの汗対処法とは

トレーニングも大切だけど 今出ているこの汗を何とかしたい!

そんなあなたのために

学校で 職場で 役に立つ対処法グッズをご紹介します。

自転車に乗っているだけで 汗をかいてしまう場合は

  自転車のサドルを穴あきサドル に変えましょう。

  普通のサドルに比べて中央に穴が開いているので通気性がよく

  お尻との接地面に熱がこもるのを防げます。

大量の汗を予防するためには ミョウバン水がおススメです。

  ミョウバンとは聞きなれないかもしれませんが こういうやつです。 

  水(水道水でOK)1500mlに対して

  焼ミョウバン50gをペットボトルなどに入れてよく振ります。

  ミョウバンの種類にもよりますが

  1日から3日くらいで 白かった液体が透明に変わり 完成です。

  これがミョウバン水の原液になります。

  使うときはこの原液を6倍〜10倍に薄めてから

  100均などで売っているスプレーボトルに移し替え

  朝のお出かけ前やお風呂上りに 汗が気になる所にスプレーします。

  そのまま乾かすか タオルで軽く水気をふき取ります。

  ミョウバン水には汗を抑制する効果と 汗の消臭効果もあるので ぜひ試してみて下さい。

スポンサードリンク

最近人気のある制汗剤は パースピレックス です。

  パースピレックス

  汗がピタリと止まる 汗ジミ ニオイの全てを強力カットする画期的な

  デオドラントとして知られています。

  使った方の感想も

  長年の悩みが解消された

  朝から夜お風呂に入るまで 汗が出なくなった

  など レビュー評価も高いようです。

座りっぱなしのデスクワークには 空調座布団 がおススメ。

  クーラーの効いた部屋でも イスに座りっぱなしの状態だと

  座面に熱がこもり ズボンまでびしょ濡れになってしまう事ありますよね。

  空調座布団 は小型ファンによって大量の外気を流してくれるため

  座面に熱や湿気がこもらずに ムレを解消してくれます。

  電池使用ができるので持ち運びもOK

  長時間の通勤電車でも 安心して座ることができます。

学校のイスやファミレスのビニール製ソファなどで 汗だまりができてしまうお悩みには

  セームタオル が一番です。

  セームタオル とは水泳などでよく使われる 高い吸収性と速乾性があるタオル。

  大量の汗を吸収したあとでも タオルを絞ればすぐに復活してくれます。

  はさみでカットする事もできるので色々な使い方が可能です。

              例えば セームタオル を縦に置き

se-mutaoru              図のように黒い部分をカットします。

ズボンをはく時に お尻や太ももに当たるように一緒にはき

上の部分をベルトで固定すれば ずり落ちる心配もありません。

汗が吸収されたなーと思ったらトイレで絞ればOKです。

お尻や太ももから 流れるくらい汗をかくひとにはおススメです。

女子高生の制服などミニスカートでイスに座る時は

   大判のガーゼタオル でセームタオルカバーを作るのがおススメ。

  なぜ ガーゼタオル なのかというと 吸収性と速乾性に優れていて

  使えば使うほど生地がやわらかくなり

  立ち上がった時に太ももに後が残りにくいからです。

  作り方は 図のように大判のガーゼタオル を座布団サイズに折りたたみ

  点線の3か所を縫います。

ga-ze sabutonn

  縫い終わったらひっくり返して

  縫っていない場所から セームタオル を差し込めばOK

  セームタオル は水分が吸収されると その部分の色が濃くなりますが

  ガーゼカバーに入れておけば 周りに水分量を気づかれることもなく

  軽いので持ち運びも便利です。

  ハンドタオルやハンカチを同じように作って

  カットしたセームタオル を入れてもOK

  毎日の汗拭きに役立ちます。

参考になりましたでしょうか?

多汗で悩んでいる方は多くいらっしゃいますが

対処法も数多くあります。

自分に合う対処法を見つけて

快適に外出できるようになるといいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です