お中元はいつまでに贈る?選び方は?渡すときの言葉とは?

 お中元 中

日頃 お世話になっている方に

感謝の気持ちと これからもよろしくお願いします。

という気持ちを込めて 贈るお中元。

「夏のご挨拶」 とも言われています。

結婚をきっかけに 両親や親戚へと始める人が多いですよね。

デパートでは6月の始めくらいから お中元の販売が始まります。

「早割」などを利用して 上手にお中元を贈りましょう。

スポンサードリンク

お中元はいつまでに贈ればいいの?

お中元を贈る時期は 関東と関西では違いがあるのはご存知ですか?

関東では  7月初めから15日まで

関西では  7月中旬から8月15日まで

が 一般的な風習になっています。1か月もの違いがあるんですね。

もしも お中元の時期を逃してしまった時

7月15日以降〜8月7日頃までは 「暑中見舞い」

8月8日頃〜9月上旬頃までは 「残暑見舞い」

として贈りましょう。

要注意

関東の場合 7月の中旬を過ぎると

お中元その物の 扱いも無くなってくるので

早め早めの準備が大切です。

お中元の選び方とは?

感謝の気持ちを伝えるためのお中元。

やはり相手が喜んでくれる物がいいですよね。

そのためには リサーチも必要です。

普段の会話から 好きな物や嫌いな物

興味のある物など聞いておくと グッと選びやすくなりますね。

特にもらって嬉しかったお中元を調べてみたら

こんな感じになりました。

★ ビール お酒

  毎日飲むのでいくつあっても嬉しい

 ★ お肉 ハム

  普段買わないような ちょっといい物を頂いたので   嬉しかった

 ★ そうめん うどんなどの乾麺

  つるつると入るので食欲の落ちる夏には嬉しい

  乾麺は長期保存ができるので助かる

 ★ スイーツ フルーツ

  冷やして食べるゼリーやシャーベットを頂いて涼むことができた

  冷たくひやしたフルーツは水分補給に最適!

 ★ 調味料 お米

  毎日使うので とても助かる

スポンサードリンク

  夏の強い日差しの中の買い物は大変なので嬉しい

その他にも

栄養ドリンク カニ缶 明太子 カタログギフト

水産品 ご当地もの などがありました。

すぐに食べられて冷凍も出来る物

日持ちするもの

夏バテに効果のあるものなども喜ばれています。

ちなみにもらって困ったお中元は

★ 量の多いお菓子

★ いつもと違うコーヒー

★ 美容クリーム

★ 大量の生もの

★ 食べ慣れないフルーツ

★ ワイン

という事でした。

美容クリームやコーヒーなど

普段こだわりを持って購入している物がある場合は

違うものに抵抗があるようです。

やはり ある程度の事前のリサーチは あった方がいい

という結果になりました。

お中元を渡す時の言葉とは?

お中元は相手のお宅へ伺って

手渡しするのが一番ですが 遠方でなかなか会えない方には 宅配で贈ります。

手渡しできる場合は 正式には風呂敷に包んで持って行きますが

紙袋の時は 必ず紙袋を外してから 渡しましょう。

旦那様の両親や親戚の場合 距離感にもよりますが

そんなに固い挨拶じゃなくても大丈夫な場合がほとんどです。

★ 夏のご挨拶です

★ いつもお世話になりありがとうございます

★ 人気の高いお菓子と聞きましたので

★ お口にあうかどうかわかりませんが

こういった一言が定着していますが お互いが遠慮のいらない間柄であれば

「私も食べてみたいと思ったおススメの物です」

と一言添えれば みんなで一緒に頂けて

会話が弾み楽しい時間になりますよね。

宅配で贈る場合は 相手が不在の場合も考えて

お中元が届く少し前に着くように 挨拶状を送りましょう。

挨拶状には

★ 日頃の感謝の気持ち

★ 近況報告

★ お中元を贈ったこと

★ 届く予定日

★ 冷蔵 冷凍が必要な場合はその旨

などが書いてあればOKです。

参考になりましたでしょうか?

最近ではお中元のやりとりも少なくなってきたと

言われていますが

両親や親戚の年齢 今までの付き合い方によっては

まだまだ「お中元 お歳暮は当たり前」とされている所も多いようです。

ただ

お中元やお歳暮などのお付き合いは

一度始めてしまうと 途中でやめることは難しくなります。

「結婚したら当たり前にやるもの」 ではなく

始める前に一度ご両親に相談してみるのもいいと思います。

「あなたからのお中元は いつも嬉しい ありがとう」

と言ってもらえるものが見つかるといいですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です