布団はどうして湿気るの?対策方法は?カビの対処法は?

kin_kabi

最近の住宅事情では

部屋のメンテナンスやお掃除が楽という事から

畳(和室) よりも フローリング(洋室)が増えていますね。

確かにフローリングは  ジュースをこぼしてもサッとひと拭きできますし

お掃除も ほこり取りモップでスイスイ♪ と簡単にできます。

でもフローリングならではの困った事もあります。

それは 布団の湿気です。

フローリングに布団を敷いて寝ている場合

「朝起きると 布団がびしょ濡れ!」 「布団にカビが生えた!」

と ビックリする方も多いかと思います。

「今までは畳だったから 気にした事がなかった!」

「フローリングにした途端 布団が・・・・!」 という方も。

布団は 人生の3分の1を過ごす場所 といわれています。

これ以上悪化しないように 早めに対処していきましょう。

スポンサードリンク

布団はどうして湿気るの?

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといわれています。

これは「平均的な成人の場合の数字」であり

汗っかきの方や 育ちざかりで新陳代謝真っ盛りのお子さん

また 梅雨 夏 などの季節によっては もっと多くの汗をかいています。

その汗はどこに行くのかというと

布団の上部に30%前後 床部分に70%前後が 湿気となって溜まっていきます。

この湿気が敷布団を通して発散されて行くわけですが

湿気を吸い込まないフローリングでは そこで発散がストップしてしまい

湿気が水滴となり 布団が吸い込んで

「布団がびしょびしょ」  となってしまうわけです。

それが数日も続けば・・・・当然カビも発生してしまいますね。

ひどくなるとフローリング自体にもカビが発生してしまいます。

布団の湿気対策はこれ!

布団を湿気させないためには

★ とにかく水分を飛ばすこと。

★ 湿気を溜めないようにすることです。

その対策方法としては

とにかく水分を飛ばす方法

★  天気のいい日には布団を干しましょう。 

  布団を干すときは 黒い布か黒いビニールをかけると

  太陽の熱を集中的に取り込むことができ効果的です。

  布団の中が高温になるので ダニ退治にもなります。

   ここで1つ重要なポイントです。  

  雨上がりの晴天。やっと布団が干せる!と思ってしまいがちですが

  地面がまだ濡れている間に布団を干してしまうと

  湿った地面から出てくる水蒸気を 布団でグングン吸い込んでしまう事になります。

  かえって湿気を含んでしまう事になるので ご注意下さい。

★  天日干しが出来ないとき 

  ・ 布団をすぐにはたたまずに 椅子などに広げておく。

    フローリングについている面を上にして水分を蒸発させます。

  ・ 布団乾燥機を使う。

    たまに 布団乾燥機を使ってもジメジメが取れないということがありますが

    その原因は 空気の循環にあります。

    閉め切った部屋で布団乾燥機を使った場合

    布団から蒸発された湿気は まわりの空気にまとわりつきます。

    その空気の行き場がなければ 湿度のある空気は下に下がってしまうので

    再び布団に戻ってしまうのです。

    扉を開けたり 扇風機などを利用して 空気の流れを作ることができれば

    上手に湿気を飛ばす事ができます。

湿気を溜めないようにする方法

★  家にある物で今日からできること 

  ・敷布団とフローリングの間に バスタオルや新聞紙を敷く。

   バスタオルや新聞紙が湿気を吸ってくれます。

   バスタオルは できれば2つに折りたたんだものを

   布団の上下に敷くと効果的です。

   新聞紙もかなり湿気を吸ってくれますので

   毎日取り換えるようにしましょう。

スポンサードリンク

  ・窓や観葉植物から布団を離す

   窓の結露や観葉植物から出る水分でも 布団が湿ってしまう事があります。

   布団が水分を吸収しないように 少し離した所に布団を敷きましょう。

★  湿気対策に役立つもの 

  ・すのこ

   布団とフローリングを離すことで 空気の通り道を作ります。

   ご自分の身長に合わせて枚数を決めます。

   すのこの折り畳みベットも販売されているので

   そちらも便利です。

  ・布団用の乾燥剤シートを敷く

   乾燥剤シートや除湿マットを敷くとかなりの湿気を吸収してくれます。

   色の変化などで吸収状態がわかるようになっていて

   干して乾燥させれば 繰り返し使用できるので経済的です。

   すのこと合わせて使用すると なおさら効果的です。

  ・ゴザを敷く

   敷布団の下にゴザを敷くと 畳の代わりになるので湿気対策になります。

   今は布団サイズの物も販売されていて

   布団をたたんだ後は くるくると巻いておけるので場所も取りません。

   ゴザもすのこと併用がおすすめです。

  ・布団を洗える物にする

   今は丸洗いできる布団が増えています。

   大型のコインランドリーが近くにあれば

   洗いから乾燥まで出来るので 湿気もなく清潔な状態を維持できます。

布団のカビはどうしたらいいの?

カビは一度発生してしまうと

その繁殖のスピードはとても早く ダニのエサにまでなってしまいます。

その結果 喘息やアトピー 水虫などの炎症や 皮膚や呼吸器官の炎症

さらには免疫力の低下など 人の体に与える影響はとても大きなものになります。

そして残念な事に

布団に発生したカビ(黒い斑点)は クリーニングに出しても落とすことはできません。

ここまできてしまったら 家庭での改善は難しいので プロの力を借りましょう。

(金額は目安になりますので 依頼するお店に確認して下さい。)

★ 布団の丸洗い

  布団を丸ごと水洗いして 高温で乾燥することでカビ菌を死滅除去し

  カビの繁殖をストップしてくれます。

  中綿を取り出して洗浄するわけではないので

  外側の布部分にできた 黒い斑点は多少残りますが

  中綿のカビの繁殖を止める事ができます。

   要注意 

  カビがひどく 生地が傷み過ぎている場合は

  洗浄する事で破れてしまう可能性があるので 利用できない事があります。

  依頼する時にお店にご相談下さい。

  料金目安 

ベビー 敷布団   3000円〜

ジュニア敷布団   3800円〜

シングル掛布団   5000円〜

    敷布団   5000円〜

ダブル 掛布団   6500円〜

    敷布団   6500円〜

★ 布団の打ち直し

  打ち直しは 布団の中綿を出して汚れた部分を取り除き

  少なくなった分 キレイな綿を足してくれます。

  布団を包んでいる生地も新しく変えてくれるので新品同様の仕上がりになります。

  料金目安

ベビー 敷布団   5000円〜

ジュニア敷布団   7000円〜

シングル掛布団   8000円〜

    敷布団   8000円〜

ダブル 掛布団   10000円〜

    敷布団   10000円〜

依頼するお店によっては 丸洗いや打ち直しをしている間

布団をレンタルしてくれる所もあります。

無料のお店もありますし 1枚500円程度かかる所もあるので お店に確認してみて下さい。

今は丸洗いできる布団もお手頃な価格で販売されていますが

両親に買ってもらったなど 思い入れがある場合には

こういうサービスを利用する事で

1つの布団を 大切にしながら 長く長く使う事ができます。

参考になりましたでしょうか?

布団の湿気対策は

とにかく通気をよくして 乾燥させることが一番ですが

梅雨時期など なかなかできない時もありますよね。

そんな時は 家の中でできる事から 試してみて下さい。

しっかり湿気対策をして 快適な睡眠生活を過ごして下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です