赤ちゃんの紫外線対策?多い時間帯は?予防できる食べ物は?

11224ea6dcb375cb7a5a5bfcffbcfb7b_m

だんだん暖かくなって 紫外線が気になる季節がやってきました。

紫外線が与える影響は
赤ちゃんや 小さいお子さんを持つママには
心配事の一つなんじゃないかと思います。

生後1か月を過ぎると 赤ちゃんを連れてお出かけする機会も
だんだんと増えてきますよね。

私たちが赤ちゃんの頃は 
「天気のいい日は日光浴をさせましょう」 「太陽の下で元気に遊ばせましょう」
と 当たり前のように言われていましたが
現在では 紫外線が肌に及ぼす影響が明らかになってきて
太陽光線の中の紫外線を大量に浴びる事は 体によくないことがわかってきました。

紫外線を浴び続けると ダメージは確実に蓄積され
10年以上後になってシミやシワ 免疫力の低下 将来 皮膚ガンを招く可能性があるのです。

赤ちゃんは まだ肌も薄く 免疫機能も不十分なので
肌を日焼けから守ってあげる事は とても重要になります。

「じゃあ 紫外線を完全にシャットアウトすればいいの?」
と 思いたくもなりますが そういう事でもなくて
紫外線も私たちの体に必要な1つでもあるんです。

紫外線は肌でビタミンDを作る働きをしてくれます。
ビタミンDとは カルシウムを骨に取り込むときに不可欠な栄養素になります。

けれど最近は 紫外線を恐れるあまり
過度のビタミンD不足にまってしまい 脚などの骨が曲がってしまう
「くる病」という病気が増えているそうです。

紫外線をただ恐れて シャットアウトするのではなく

赤ちゃんと安心してお出かけできるように

正しい対処方法を身につけて

紫外線と上手に付き合っていく事が大切ですね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの紫外線対策?

紫外線対策は 決して早すぎるという事はありません。
早め早めのケアを 心がけたいものです。

では 赤ちゃんの紫外線対策は 具体的にどうすればいいのでしょう?

お出かけの時 お部屋にいる時の注意点など
まとめてみましたので
状況に合わせて 参考にしてみて下さい。

 お出かけのときは? 

★ 日焼け止め

  ベビー用の日焼け止めであれば 生後1か月から使うことができます。
  塗り残し 塗りムラがないように 露出している肌の部分すべてに
  均一に塗ってあげましょう。

  (手や鼻 耳や首などは忘れやすいので 要注意です。)

  汗をかいたり タオルで拭いてしまうと日焼け止めは落ちてしまうため
  塗り直しが必要になります。
  外出時間が長い場合は だいたい2時間を目安に 塗りなおしてあげて下さい。

  特に夏場の赤ちゃんは 汗の量も増えるので そんな時は
  タオルで1度拭いて 清潔な状態にしてから塗りなおしてあげるのがいいですね。

  日焼け止めの選び方についてですが
  SPFは10~20程度 PAは+1つのものが
  赤ちゃんの肌への負担が小さくおすすめです。

  ここで1つ注意点ですが
  日焼け止めの中には 紫外線吸収剤が入っているものがあります。

  これは 化学原料が強い刺激となる場合があり
  赤ちゃんによっては 炎症を起こすこともあるので 購入する時はよく確認して
  紫外線吸収剤が入っていないものを選びましょう。

  赤ちゃんの肌は敏感なので 念のためパッチテストをしておくと 安心です。

★ 服装
  
  紫外線対策には 長袖 長ズボンがベストになります。
  夏場など 暑くて無理な場合は 大きいタオルをさっとかけてあげると
  広い部分を覆ってあげられるので便利です。

  つばの広い帽子をかぶせてあげると 紫外線を6割程度 カットする事ができます。
  帽子をイヤがる赤ちゃんもいると思いますが
  熱中症対策にもなりますので お出かけする時は帽子をかぶるという
  習慣を 少しずつつけてあげられるといいですね。

★ ベビーカー

  日陰にいることが出来れば 紫外線はだいぶカットする事ができます。
  でも 夏場に日陰を探すのは難しく ずっとそこにいるわけにもいきません。
  なので これからベビーカーを購入するのであれば
  日よけや 屋根が付いているものを選びましょう。

  すでにベビーカーをお持ちで 日よけや屋根がついていない場合は
  ベビーカーにワンタッチで取り付けられる日よけや
  UV対策済みで ベビーカー全体を覆えるような日よけも販売されているので
  そういうものを利用してもいいですね。

  特に忘れがちなのが 足元です。
  紫外線が強い時は ベビーカーの足元部分にタオルをかけてあげましょう。

★ 車でお出かけ

  「車の中はクーラーも効いてるし 室内だから」 と思ってしまいがちですが
  ドライブ中 もろに直射日光に当たってしまうと 紫外線はかなりの量になります。

スポンサードリンク

  紫外線カット効果のあるネットを付けたり 窓にUVカットフィルムを貼ったり
  タオルや布を下げるなど 直射日光が当たらないように 工夫してあげて下さい。

★ サングラス

  紫外線は目にも悪影響を及ぼします。
  長年にわたり紫外線を浴びすぎると 将来白内障の原因になるとも言われています。

  サングラスをイヤがる赤ちゃんは多いかもしれませんね。
  なので無理にさせる必要はありません。

  イヤがらないようであれば
  今はデザイン豊富な赤ちゃん用のサングラスが販売されていますので
  利用するのもいいかと思います。
  その際はなるべく 透明レンズのものを選んであげましょう。

 お部屋にいるときは? 

★ お部屋にいても 日当たりのいい所に赤ちゃんを長時間寝かせておくと
  日差しは赤ちゃんに当たってしまい 紫外線を浴びる可能性を高くしてしまうので
  注意が必要です。

★ お部屋の中でも日差しが強い時には 無理に日光浴はせず
  少し控えてあげましょう。

★ 新生児のベット近くに窓がある場合は UVカット加工のカーテンも効果的です。

★ 日差しの強い日は  お部屋のカーテンは全部開けずに 
  レースのカーテンのみ下げておくという事も おすすめです。

紫外線の多い時間帯は?

1日の中で 紫外線が一番多いのは 正午になります。

その前後2時間  午前10時から午後2時までは
同様に紫外線の多い時間帯です。

1日の日課として お散歩や 公園遊びをする場合は
午前10時から午後2時の間は避けてあげるといいですね。

真夏のこの時間帯は できれば外出は控えたいものですが
そういう訳にもいかない事もあると思います。
その時は 紫外線対策をしっかりとしてからお出かけしましょう。

紫外線は夏だけではなく 4月の暖かくなってきた時期から
ケアが必要になります。

なので 4月から9月の 午前10時から午後2時の時間帯に
紫外線対策をしていくことが 効果的です。

紫外線予防の食べ物ってある?

紫外線対策は 外側から肌を守ることも重要ですが

日常の食生活により 体の内側から栄養素を摂取することで

日焼けや紫外線を予防したり 影響を軽減することができます。

難しく考えることはありません。
赤ちゃんの離乳食の進み具合によって 少しずつ食べさせてあげましょう。

もちろんパパやママにも効果的なので 毎日の献立に入れてみて下さい。

紫外線にとっても有効な栄養素と言われているのが

ビタミンA ビタミンB2 ビタミンC ビタミンE  βカロテン になります。

では それぞれのビタミンにはどんな食材が当てはまるのか 見てみましょう。

★ ビタミンA

  

トマト 小松菜 ブロッコリー かぼちゃ ピーマン ほうれん草

しそ モロヘイヤ 人参 大根 牛レバー 豚レバー 鶏レバー など

★ ビタミンB2

  

アサリ 納豆 牛レバー 豚レバー 鶏レバー うなぎ 卵

魚肉ソーセージ 舞茸 たらこ いくら 味付け海苔 さば など

★ ビタミンC

  

トマト ブロッコリー カリフラワー サツマイモ じゃがいも ピーマン       芽キャベツ かぼちゃ パセリ かいわれ大根 とろろ昆布 わかめ

いちご みかん オレンジ 柿 レモン キウイ パパイヤ マンゴー

アセロラ飲料 など

★ ビタミンE

  

トマト いくら たらこ サウザンアイランドドレッシング しそ

フレンチドレッシング 大根の葉 かぼちゃ とうがらし マーガリン など

★ βカロテン

  

ほうれん草 小松菜 モロヘイヤ 春菊 など緑色の野菜

人参 かぼちゃ 高菜漬け おかひじき 菜の花 焼き海苔

抹茶 とうがらし など

すぐに手に入る食材ばかりなので 参考にしてみて下さい。

日焼けをしてしまった時

もしも 赤ちゃんが日焼けをして 肌を赤くしてしまった時は 慌てずに
まずは冷やしてあげて下さい。

★ 冷たいガーゼやタオルで まずは肌を落ち着かせてから
  ローションをつけてあげましょう。
  大人用の日焼け止めや アフターケアのものは 赤ちゃんには刺激が強すぎます。
  赤ちゃん用の低刺激のものを 常備しておくといいですね。

★ ほっぺや鼻のように 出っ張った所や 肩などは日焼けしやすいです。
  他の場所より 肌に負担がかかっているので 重点的に冷やしてあげましょう。

★ 日焼けもヤケドと同じになりますので 冷やしても熱が治まらない場合や
  炎症 水ぶくれを起こした時など 症状が悪化した場合は早めに受診をして下さいね。

色々な紫外線対策をお伝えしてきましたが

紫外線も私たちの体に 必要な働きをしてくれています。
(紫外線によるビタミンDの合成には 1日15分程度日光に当たれば大丈夫です。)

対策を知っていれば それほど怖がるものでもありません。

過度に引きこもったりせずに

外側から 内側から 紫外線対策をして赤ちゃんを守りつつ

楽しくお散歩や 公園遊びや お出かけをして下さいね!

赤ちゃんのすこやかな成長を 心から願っております。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です